「 chaco 」一覧

イエローチェックのカバーオールとちびフードタンク

出産祝いのオーダー part2 ♡

お兄ちゃんと女の子ベビーちゃんの、ガッチリおソロ服を!とオーダー頂きました(*^^*)

 

赤ちゃんには、ベビー服といえば私的には定番のmishmashさん カバーオール、半袖半ズボン。

お兄ちゃんには、夏の定番 ちびフードタンクです☆

身頃には、rickrackさんのギンガムチェックニットと、SMILEさんのヒッコリーデニムニット。

柄×柄でも、いい感じにまとまりました。

ギンガムチェックは、柄合わせがけっこう大変だった。。。(´・Д・)

カバーオールの前立て部分を、ピッタリまっすぐになるように、丁寧に作業しました。

 

おしりマチはデニムニットの無地を合わせて。

image

 

おしりアップ (o^^o)

image

 

出来上がってみると、イエローが目立って元気いっぱいな感じ☆

 

そして、ベビーちゃんにはもう1着作りました。

toco.さんのギャザーカットソー。

image

生成り杢の無地と、ぽぷりさんで買ったチェック生地。

ブルーとグリーンのチェックがナチュラル感たっぷり♡

これに麦わら帽子とサンダルを合わせたらカワイイだろうなー(*^^*)

 

以上3点、出産祝いのオーダーでした。

ありがとうございました☆

 

そしてさらに、part3もあります♡

 

また次回に♡





minneにて子供服を販売中!


creemaでは木工作品が人気♡

花柄のベビーカバーオール

こんにちは☆

ずっと前に出来上がっていた、出産祝いのオーダー品。

女の子ベビーちゃんなので、ピンク系でとのリクエスト。

いろいろな生地を見てもらい、この花柄生地で作りました。

ベビー服は、何回作ってもちっちゃくて可愛い♡

 

Processed with MOLDIV

pattern :  mish* mash

 

生地は、アプハウスさんの花柄スムース。

ピンク、イエロー、ブルーのカラーがとても素敵で、春のお花畑を見ているよう(*^^*)

後ろのおしりマチ部分も。

このおしりマチ、ベビーちゃんの可愛いポイントだわ〜♡

 image

 

スタイも同じ生地を使って、服と合わせられるようにしました。

おしりふきポーチはぞうさん♡

 

 

着画も送ってくれました。

Processed with MOLDIV

 

もうちょっと大きくなっても着られるようなサイズ感で良かった〜!

切り替えなしのカバーオールは、赤ちゃんらしくってやっぱ可愛いなぁ♡

もうちょっと大きくなったら切り替えありのカバーオールもおすすめです(*^^*)

 

学生時代の友達からのオーダーだったんだけど、

私がハンドメイドしてるから、連絡くれてオーダーしてくれて。

ベビー服だって子供服だって、買おうと思ったら買いに行けるのに、こうして選んでくれたっていうことに、心から嬉しく思うよ。

いつもオーダーありがとね、Yちゃん♡

 

 

さて、実は出産祝いこの先も続きます☆





minneにて子供服を販売中!


creemaでは木工作品が人気♡

古き良きモノ 「伊勢木綿」

 

前回の記事(トヨタ産業技術記念館へ)で、トヨタ産業技術記念館へ行って織機を見に行った話を書きましたが、木綿についてもっと詳しく知る為に、伊勢木綿を製造している「臼井織元」さんへ見学しに行って来ました☆

伊勢木綿とは。

津市で江戸時代から250年以上続いている伝統ある布、それが伊勢木綿です。

綿の生産が盛んだった津市周辺で隆盛しましたが、戦後は安価な化学繊維の発展や着る物の変化もあり、今では「臼井織元」さんだけになりました。

撚りの弱い糸を使っているので、綿なのに使えば使うほど柔らかい風合いが出るのが特徴です。

伊勢木綿は、三重県指定工芸品なんですよ!

image

 

いざ、工場見学!

気さくな臼井社長さんに案内されて、店内奥にある工場内を見学させてもらいました。

年季の入った機械が豪快な音を立てて動いていました!

image

 

 

この前、トヨタ産業技術記念館で見た機械と同じだ!

それが現役で動いているなんてスゴイですよ☆

織機も何十台と並んでいて、たぶんほとんど動いていたと思います。

 

image

ちょうど織っている柄が可愛くて好みでした(*^^*)

ブロックチェック、好きですもん。

image

 

image

反物となって山積みされていた生地の中に、優しい色合いのがあってそれがすごく気になって。

さくらんぼのような赤と優しい水色と生成りのブロックチェック。

見てるだけで癒されるカラーバランス。

そしたら社長さんが、「その生地な、着物になっとるよ」ってInstagramの写真を見せてもらったら、すっごく可愛くてビックリ!

なんと、伊勢のおかげ横丁でレンタル着物として貸し出しされているそうです。

伝統工芸品である伊勢木綿が、こんな素敵な作品になることに驚きました。

昔も今も、たくさんの人に愛されている織物なんだなぁ〜って、なんだか私も嬉しくなりました(*^^*)

 

作り手としての想い

時代が変わっても、良いモノを作り続けていく。

伝統を守っていくという熱い想いを持ち、親切に対応して下さった臼井社長やご家族の笑顔がとても印象的でした。

 

時代の波に流されず、強い意志を持って存続し続け、素晴らしい伝統工芸品である伊勢木綿を作り続けていく。

こういう機会に触れ、私も一作家としての在り方を改めて考えさせられました。

 

よし!

今よりもっと自分の作品に愛着を持って、自信を持って人に勧められるようにしよう☆

そう決意する事が出来た、今日の日に感謝です(*^^*)

さぁ、やるぞー!

 





minneにて子供服を販売中!


creemaでは木工作品が人気♡

トヨタ産業技術記念館へ

image

先日、名古屋駅近くにあるトヨタ産業技術記念館へ行ってきました。

子供服を作っている人間としては、布がどのようにして出来上がるのか、以前から興味があったんです!

紡績工場で使われていた機械の展示があるということで、学校の社会見学っぽい心持ちで訪れました。

まずは、繊維機械館へ。

 

 

image

特により身近で興味があったのは、布の素材について詳しく書かれてあったコーナーでした。

布地って、本当にいろいろな素材があって、天然素材である 綿や麻、絹なんかはよく耳にする素材ですが、化学繊維の種類が多くてビックリ!

レーヨンやキュプラ、トリアセテートも名前は知ってるけど、詳しい素材がわからなくって、、、(^_^;)

でもこれからはこの一覧表を見れば大丈夫だな、と思いました☆

そして、天然素材、化学素材、それぞれの良いところを生かして素材を使い分けることが大切ですね!

一覧表の横には、それぞれの素材も展示してありました。

 

image

image

 

なんかカタチが可愛くってパシャリ☆

小人の帽子みたい(*^_^*)

image

 

機械へ原綿を入れる工程では、原綿を触らせてもらえます。

羊の毛を刈った後みたい 笑

image

image

 

原綿を大きな機械で糸に紡いで行く。

こっちでも触ることが出来ます。

ふわふわで柔らかい手触りだね。

image

 

イギリスの機械紡績システムを参考にして、日本で開発した繊維機械。

「良い布を織るには、良い糸を作ることから」

こうして、糸を作る工程が紡績機械によって発展していったんですね。

糸がこんなにたくさん…欲しいじゃないか〜∑(゚Д゚)

image

image

 

紡績機械で作られた糸は、織機で布になっていきます。

昭和初期は、自動織機を使ってのライン作業。

マネキンさんがいい雰囲気を醸し出しています。。。

image

 

さらに、何十台もある大きな織機を一斉に動かせるようになり、工場さながらの風景。

実際にこの機械が動いてましたが、ガッチャンガッチャンともの凄く大きな音を立てて動いていました。迫力がスゴイ!

image

 

そして近代化して、コンピュータ機械になっていくという流れでした。

こんな繊細な柄や、写真のような鮮明な柄も織れるんですね〜。

image

image

一通り、繊維機械館を見学した後は、子供達が遊べるテクノランドへ☆

ここには、小さな子から大人まで楽しめるテクノランドというちょっとした遊べる施設が併設されていて、家族でも楽しめるのがポイント高いですよね(*^_^*)

小学生2人は旦那サンに見てもらい、私は三女とちびっこコーナーへ。

私より高いところもズンズン行っちゃう。

image

三女はまだここで遊ぶの〜!!と言ってなかなか出てこない(^_^;)

そのくらい楽しかったようです☆

 

自動車館では、順路通りに見て回り、最後は体験コーナーでおもちゃの車を作ることが出来ます。

なんと無料なんですよ〜!

子供だけではなかなか出来ないので、結局親が作ることになっちゃうんですけどね(^_^;)

image

 

私も子供達も楽しめる、トヨタ産業技術記念館。

良い勉強にもなったし、かなりおススメです☆





minneにて子供服を販売中!


creemaでは木工作品が人気♡

ハンドメイド子供服と木工のお店 Culeru について

こんにちは♡chacoです。

ここ毎日、このブログを見やすくするようにレイアウトをいじっているんですが、

まだまだ改善の余地があるので、いろいろ変わるかもしれませんが、温かい目で見て下さいね!

さて今日は、はじめてこのブログを訪れた人にわかるように、

私のお店について説明をしたいと思います。

 

Culeruというお店について

ハンドメイド子供服と木工のお店 Culeru (クーレル) は、手づくりのモノでたくさんの人が笑顔になるように願い、製作活動をしています。

「もらって嬉しい。送って嬉しい。」 をテーマに、私たちが作ったモノで手づくりのあたたかさを感じてもらえたらな、と思っています。

 

ブランド名の「Culeru (クーレル)」は、私が作った造語なんですけど、

フランス語の”鍵”と”心”という単語を合わせて、人と人との”心”を繋ぐ”鍵”のような存在になれたら、、、との思いから名付けました。

 

どんなモノを作っているの?

作っているモノは子供服やベビー服、布小物です。私一人で作っています。

子供服は、大人可愛い女の子服・シンプルだけどカッコイイ男の子服を目指して作っています。

大人服をちっちゃくしたような子供服にキュンとなります♡

 

木工品は主人が作っています。

こういうデザインのスツールが欲しい!という私の声を聞き、作ってくれたのがはじまりでした。

それからは試行錯誤しながらも、もっと丈夫になるように作り方を変えてみたりして、

絵本棚やチェスト、学習机に子ども椅子も作れるようになりました。

スツールに関しては、100個くらい製作し、販売した実績があります。

 

商品はどこで買えるの?

実は、実店舗はありません。。。

主にネットショップでの販売をしています。

ハンドメイド品を売買できるサイト、tetoteさんやminneさん、creemaさんで Culeruの商品を買うことが出来ます。(詳細はまた後日記事にアップしますね)

不定期ですが、イベントにも参加する事がありますので、実際に手に取って見て頂くことも出来ます。

イベント出店に関しましては、Facebookやブログで告知しますので、Culeruのページにいいね!して頂くとか、ブログをブックマークして頂けると情報を得ることが出来ます。

 

 





minneにて子供服を販売中!


creemaでは木工作品が人気♡

profile

初めまして☆

ハンドメイド子供服と木工のお店 Culeru のchacoです。

ずっと他のブログサイトでブログを書いていましたが、

心機一転 ブログをお引っ越しして ここからまた始めたいと思います。

 

私のプロフィール

 

まず最初は、私の自己紹介。

愛知県出身 三重県在住  1981年生まれ O型。

旦那サンと3人の娘がいます。

のんびりマイペースな性格で、一人の時間に何かを作るのが好きです。

決して積極的な方ではないので、自分の意見を主張したり、

リーダーシップをとったりするのは苦手。。。

優柔不断でなかなか物事が決められないので、

決断力のある人ってすごいなぁって思います (^_^;)

あと、家族に言われるのが、、、頑固 !!! 笑

一度決めたらそれを曲げないようです。

 

 

私がハンドメイドにハマったきっかけ

 

次に、ハンドメイドについて。

子供の頃は、家庭科のミシンが大の苦手でした。

高校の授業でスボンを作る製作があって、授業時間内に出来上がらなかったにで、

居残りをしてようやく完成。

出来上がったけど、仕上がったモノは、

なんというか、、、不出来な作品で (^_^;)

こんなに苦労して縫ったのに、この出来かぁ、、、とかなりガッカリしたのを覚えています。

 

それから、大学へ進学して就職して結婚。

出産後、可愛い我が子に何か作ってあげたい!と思い、

スタイの作り方が載っている手芸本を購入。

生地を買って、ミシンを借りて、初めてスタイを作ったんです。

出来上がったのは、それはもう上手とは言えない仕上がりでしたが、

自分が作ったモノを子供にあげられるという、初めての喜びでした。

それが私のハンドメイドの始まりです。

 

ハンドメイドに魅了された私は、まず家庭用ミシンを購入しました。

ミシンがあれば、作りたいときにすぐ作れるから。

布小物を作ったり、子供服にも挑戦するようになりました。

でも家庭用ミシンだけでは出来上がりに満足出来ず、次はロックミシンを購入。

ロックミシンを使い、ニット生地でどんどん子供服を作っていくようになり、今に至ります。

 

 

ハンドメイドの魅力とは

 

誰ともかぶらない、オリジナルの子供服。

綿100%の素材で作る、こだわりの子供服。

自分が作ったモノを子供が喜んで着てくれる嬉しさ。

手作りのあたたかみのある服。

それを着た子供の姿を、写真としてずっと残せておける素晴らしさ。

こんなところに、ハンドメイドの魅力があると思います☆

 

 

そんな私が作る子供服を、これからはここでご紹介していきます!

 

 

IMG_5239

 





minneにて子供服を販売中!


creemaでは木工作品が人気♡